富田林寺内町 うつわの日和~普段使いのうつわで日々の暮らしをもっと楽しく。

寺内町の ちいさな蔵で うつわ屋をはじめました。うつわのこと 薬膳料理のこと そして 寺内町のことをご紹介します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルホ窯さんの工房にお邪魔しました!


京都の井出町にあるタルホ窯さんの工房を訪ねてきました。
緑深い、とても気持ちのいい山の中にある工房はたくみの里の中にあり、
周りには鉄工作家さんや木工作家さん、木地師さんなど沢山のアーティストさんが集まったところです。

ベラベラと話を始めてしまい段取りが狂いましたが、昼前から器を一つ作らせてもらいました。



!ここに昼からしのぎを教えてもらい入れましたよ!出来上がりは1ヶ月後、乞うご期待!

作家の溝端さんがご自分と私の分のお弁当を作ってくれて、
工房の隣の東屋で美味しい空気と一緒に頂きました。

                                                                                                                                              

溝端さんは少し遅めの作家スタートだったそうですが、
だからこそ、それまでのいろいろな経験を肥やしに、
使うものへの視線を持たれた素敵なうつわを作られてるんだなぁと感じました。
タルホ窯だより


どんな人にもきっとバックボーンがあって
その上に今のその人がある。

そして、その先にある夢も
今の自分が なりたい自分をしっかり思い描いていれば
どんな形ででも かなっていくもんなんかなぁ・・・なんて
???
すいません。
感じたことをすぐ言葉に出来たらと思うのだけど、なかなかまとまりません・・・



今週末は父の日。
日頃中々口に出せない父親への感謝の気持ち。
この時期どこでも出回るキャッチコピーだけど、実際問題その通りな事も多い。
今年私はお酒の飲まない父親へアイスコーヒーにぴったりのマグをプレゼントします!
他にもぐい飲みや、おちょこ、湯飲みなどを一揃え。

是非ご覧ください。OnlineShop日和          


                    ブログランキングに参加しています。
                    良かったらクリックお願いしま~す!
                   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

楽しい時間でした 

遠路はるばるお越しくださり、ありがとうございました。
おしゃべりして、少し土をひねって、ご飯を食べて、「たくみの里」をぐるり一回りして…なんだかあわただしく、あっという間に時間が過ぎてしまいましたね。 
また、焼きあがる頃、ゆっくり遊びに来てくださいね。 楽しみにしてま~す。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

utuwahiyori

Author:utuwahiyori
うつわと暮らしの蔵日和

●場所・・
  富田林市富田林町3-13 
      寺内町の勝間邸蔵
●営業日・・
 木・金・土(日曜は不定)
   10;30~16:30くらいまで

●作家さんのうつわを
  昔懐かしい町並みが残る寺内町の
    ジャズが流れる蔵からご紹介


20年ほど昔のお話。
インテリアスタイリストをしていた頃に 
いつか うつわのお店が出来たらいいな・・と
ぼんやり抱いていた夢が ひょんなことからどんどん現実になっていき、2013年1月に大阪府富田林の寺内町の蔵でオープンすることになりました。
日和のご案内、うつわのこと、寺内町のこと、日々の暮らしのことを
いろいろ綴っていこうと思っています。
OnlineShop 日和

こびとさんの時計

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日和ブログ閲覧カウンター

アクセスランキングに参加しました!

[ジャンルランキング]
ライフ
6499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
インテリア・雑貨
1531位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。